Message PHP
[Homepage] [Script Top] [Administrator]

2017-03-24 の記事 - 2017-03-24
証人喚問によって籠池氏に良いイメージを持つ人が出てきてしまっているようですので、ここで一応取り上げておきます。

「安倍首相の耳に悪い情報を入れた人がいた」森友学園・籠池氏、記者会見で国有地売却問題に言及

これは日本外国特派員協会主催の記者会見での籠池氏の言い分ですが、例の選手宣誓の正当性について述べるなど、まさにこの人物の本質がレイシストであり、年端もいかない幼児に異様な教育を施そうとする異常者であることが見て取れるものとなっています。他にも日本人は優しい民族だの性善説だの、陳腐な日本人至上主義という以前の問題として、まず鏡を見てから物を言えと言わざるを得ない言葉が並んでいます。
ただ、はっきり言って今の日本社会はレイシズム天国ですから、こうしたレイシズムですら自然に受け入れられかねない空気があることは否めません(なお、もしこの会見内容を読み、人種差別の観点からさほどおかしいと感じなかった人は相当毒されています。それこそ、もはや「○○人は死ね、殺せ」の言葉が出てこない限りはおかしいと感じなくなるほど感覚がマヒしています)。
そういう意味では、より客観的にレイシズムを見ることができるであろう外国特派員協会の会見でこれが行われてよかったと言えるかもしれません。

籠池氏への好印象という、いわば泥棒が人助けをした時に大きく持ち上げられる現象に対抗するためにあえてはっきり書いておきますが、籠池氏は人種差別、すなわち立場の弱い相手をその属性に基づきターゲットとする行為を平然と行い、かつ教育の名を借りて反論も抵抗もできない幼児を虐待するなど、自分よりも弱い相手を平気で踏みにじり、人としての尊厳をズタズタに引き裂く、まさに人間のクズの見本のような存在です。
無論、それでも籠池氏が証言をするのなら聞くべきですし、その証言が全容解明に役立つのなら当然それは適切に活用されるべきです。しかし、そんなものは救いようのない凶悪犯罪者が仲間に見捨てられて捕まり、怒り狂って共犯者の情報を自白しているのと同じです。その情報は適正に評価し、有用なものに関しては活用されるべきですが、その人物は救いようのない凶悪犯罪者以外の何者でもありません。
籠池氏は信奉していた保守派とやらに次々と切断処理されており、そういう意味では気の毒ではありますし、同情には値するかもしれません。しかも籠池氏自身は何の力も持たない一人の異常者でしかなく、本人だけで大それたことができるわけがありませんから、氏をいわば実行犯として用いておいて、しかも騒ぎになったと見たら切り捨てている者がいることも確かでしょう。その観点からは氏もまた被害者の一人であると考えることは可能です。
しかし、人種差別や児童虐待を行ったのは籠池氏本人の意思であり、少なくともこの点について氏は一方的な加害者に他ならず、正当化の余地は一切存在しません。教育者という自らの立場を最大限悪用し、立場が弱く抵抗することができない他人の尊厳を容赦なく踏みにじる、まさにカス以下のカスに対する同情の言葉を、私は一言たりとも持ちません。
この人物はもはや、日陰から出してはならない存在です。少なくとも「差別は過ちでした。被差別者の方々、すみませんでした」「あれが教育などとは間違っていました。私がやったことは虐待でした。許されないことです」と自らの行いを正しく認識して反省し、二度としないことを確約し、しかもそれを誠実に遵守しない限り、決して日向を歩かせてはならない存在なのです。
氏について「そのうち候補者にでもなるのでは」と評する声を見かけましたが、まさに今の異常化した日本を見る限り、それが当たらずとも遠からずになってしまいかねない嫌なリアリティがあります。長谷川豊氏の件などを見た後では、これを笑って済ませることはできません。
本件を政治問題として考えた場合に、氏がいくら捨て犬のようなかわいそうな存在に見えたとしても(それこそ日本会議や安倍一派のような連中にぶら下がった時点で、私には自業自得にしか見えませんが)、一方で氏が自らの意思で能動的に人種差別と児童虐待を行い、何ら落ち度のない他人をズタズタに傷つけた人物であることを、決して忘れてはいけません。

なお、差別や虐待に関しても、籠池氏だけを断罪すれば済む問題ではないことは念のため言い添えておきます。日本会議や安倍一派もまた、氏と人種差別や虐待教育の理念を共有する存在であることは言うまでもありません。そもそも政治問題以前の話として、差別と虐待を理由として日本会議や安倍一派を追放することは、日本人が果たさねばならない責任なのです。